こんなときに呼んでください!

外壁修理・外壁リフォームはこんな症状が目安になります。

1

ひび割れ、破損、凍害など…

写真のように外壁がひび割れたり、凍害で一部がなくなっていたりする場合。外見ももちろんですが、建物の内部まで劣化を及ぼすきっかけになります。この状態でしたら早めにご相談いただくことをオススメします。
イメージ

2

色あせ、塗料剝げ、白い粉が…

外壁を触ると白い粉がつく、などは外壁の劣化の分かりやすいサインです。サイディング外壁の塗装や接合部の「シーリング」と呼ばれる箇所は年と共に劣化します。築10年以上の建物で塗料剝げや退色が目立つ場合も、まずはご相談ください。
イメージ

屋根に関する、なるほどな話

1

長持ちするガルバリウム鋼板が人気です。

屋根や外壁のリフォームで最近人気のガルバリウム鋼板。新築のモダンな住宅で良く目にすることがあるかと思います。人気の理由は、どのようなデザインにも合うバリエーションと、耐食性が強く風化しにくいこと。しかも施工が平易でお客様が普段の生活をしたままで工事を進めることができます。ガルバリウム鋼板のリフォームならぜひ当社へご相談ください。
イメージ

2

新潟の外壁が傷みやすい理由

新潟での外壁劣化の一番の原因は凍害です。冬の寒い時期に外壁材の中に水分が浸入してしまうと、その水分が凍結する際に膨張して外壁を損傷させます。ですので外側を再塗装などで補修しても、一旦水分が入るようになるとこの現象は翌年も再発してしまう恐れがあります。この現象を防ぐには定期的な塗装(8〜10年サイクル)が必要です.
イメージ

3

外壁の寿命を延ばす方法って?

外壁はさまざまな種類がありますが、その種類に応じたメンテナンスを定期的に行うことで(シーリングや破損個所の一部補修、一部塗装など)、外壁全体の寿命を延ばすことも可能です。当社では、施工後の定期的なメンテナンスに関してご提案しておりますので、ぜひお問い合わせください。
(右の写真は雨水のたまる所に水切りを付けた施工例です。)
イメージ

上に戻る▲